アメリカの大学に進学した佐織支部のH君から一時帰国していると連絡があったので、アメリカでの留学生活を聞かせてもらうお礼に、大和哲也代表のキックボクシングジム“GRATINESS"の体験練習に同行しました。

哲也代表とH君がお会いするのは出国以来2年ぶりですが、覚えていて下さいました☺️

H君はアメリカでボクシングジムに入会したそうですが、入会してすぐにコロナ感染拡大防止の一環で ジムが閉鎖されてしまったので、身体を動かすのは約半年ぶりとのことでした。

が、若いということもあり、誠心会拳法のファイティングトーナメント大会で優勝したこともあるH君は、的確にミットを捉え、いい動きをしていました👊

ミット練習の後に、軽くですが、2人でマススパーをしました。

数年ぶりにH君とスパーをしながら、H君が 入会した当時のことや、一緒に稽古していた頃のことを思い出し、とても感慨深いものがありました😭

練習終わりには哲也代表の計らいで、チャンピオンベルトを手に取っての記念撮影までさせていただき、H君も喜んでいました🤗

私の生徒の中にも将来留学に行きたいが、どうやって留学先を決めたら良いのか?とか、留学にはどれぐらい費用が掛かるのか?とか、色々と不安が先行し、なかなか実行できない子もいます。

そういった子たちに実体験として話してあげて欲しいとH君にお願いしたら「僕で良ければいくらでも力になります!」と頼もしい返事をもらいました。

留学を考えているけど、何処から始めたら良いのか分からないという拳士、ご家族の皆さまは私までご一報下さい。

私もH君に負けないようにより一層精進していきます!

 5EB6CD5E-5074-432A-8D5D-46FD0D61DC31