誠心会拳法では、原則練習の前後に雑巾がけをします。
雑巾がけは、練習場所を綺麗にするというだけでなく、全身の筋力を使いバランスをとりながら前に進む有酸素運動なので、大人でもしっかり雑巾がけを行うと、息があがり体温も上がります。(昔、ある道場で大掃除の時に生徒から、「雑巾がけを100往復したい」と言われ、みんなで100往復やったのは、今では良い思い出です笑)

雑巾がけは、きちんと行なうと非常に疲れるので、当然力を抜く子もいます😄
また、幼年の子の中には、人生初の雑巾がけが拳法でという子もいます。
 掃除機やモップなど便利な道具もある中、あえて自分の身体を駆使して雑巾がけ=掃除をするということで、感じることもあると思います。

雑巾がけ1つとっても自分と向き合い自分を知る機会になります。
自分の弱さを知ることになる拳士もいます。
そのタイミングで声掛けをするのが指導者の役割だと私は思います☺️

今日も子どもたちの 掃除を見守りながら、私自身学びがあります!
 463A5FC6-4C55-4974-A122-E6992B5C8ACE